タイムスリップ散歩

R0021107

三軒茶屋から二子玉川まで歩く。歩きながら思うのは、数年間三茶から離れて変わってしまって寂しい部分と変わっていなくてホッとする部分だったり、15年くらい前の自分のことだったり、息子の将来のデートコースだったり。散歩はとっても贅沢な時間だ。歩きながら音楽を聴く、音楽を聴くために散歩をするようでもあるし、散歩のために音楽を買っていたような気もする。あの頃の自分は時間がたくさんあってお金も小銭をたくさんもっていたから、散歩のための準備をし、散歩を豊かに消費をすることができた。その時の時間を心の中にとどめて、それを必要な人に伝えたり、自分自身で楽しむことにしよう、と思う。そういう正月を過ごしてます。

diary, 2016年01月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です