おおかみこどもの雨と雪とサム

よっちゃんが健やかに眠っている間を見計らって、
何日かかけて、『おおかみこどもの雨と雪』と『指輪物語』を観る。
感想を書くほど、じっくり観れている自信はないけれど。

 

『指輪物語』はサムの物語として観ていた。
他の旅の仲間達は、みな、何かしら既に選ばれた者たちとして、
旅に加わっているのだけど、サムは庭師だ。
旅に向いている職業でも体型でもなかった。
だから、僕が作品の中で一番心を動かされたのは、
ガンダルフが夜の庭で一部始終をみたサムを旅の仲間に加えるシーンだった。

何でもなかった人間が、世界を救う可能性がある。
それは、偶然選ばれたのがサムだっただけで、
僕や誰かがガンダルフに選ばれた時には
サムのように頑張れるかもしれない!

物語の至る所でそのシーンに立ち返らせて僕の心を興奮させたのでした。
原作の小説も、そんなに遠くない頃に読んでみたい。

 

『おおかみこどもの雨と雪』は、大河ドラマとして、
もっと長いスパンで観ていたいと思わせる話だった。
作者はこの家族にもっと多くのエピソードを用意していたのでは、と想像する。
本当の人生と同じように、その経験が登場人物達を変えていった筈なので。
時間の移り変わりを描く小学校のシーンは美しかったけど、もっとみていたいと思った。
そう思った時点で、この作品を気に入っているな。

花が草平とテーブル越しに話すシーンは、
短く描かれているけれど、花にとって本当に特別なシーンだった。
世界で狼男(女)の存在を知っている唯一の2人。
しかも、その狼男(女)に惚れてしまった唯一の2人。
花の孤独はその短いシーンでわずかだけど解消されて、とても嬉しそうだ。
「唯一の2人」って語義矛盾でござった。

決定的に花を孤独にする、彼との別れのシーンは心が苦しかった。
「雨の日に、帰らぬ夫を捜して街を歩くと、
川から狼が引上げられていて、ゴミ収集車で運ばれる」
小学生の頃の自分だったら、明らかにトラウマシーンになる。
自分の大切なものを無下に扱われて、傷つけられるのは、悲しいことだ。
(だから、自分も誰かの大切なものを傷つけないようにしないとね)

 

また、映画見たり本読んだり、変な人見かけたらブログ更新するね。

movie, 2013年06月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です